膝の痛みの食事療法について

| トラックバック(0)
肥満は膝の関節に大きな負担をかけます。
栄養バランスがよく、規則正しい食事をすることで膝の痛みを減らすこともできます。
三食摂ること、早食いしないこと、朝食を多く食べ、夕食は食べ過ぎないこと、就寝2、3時間前までに
食事を終わらせることがポイントです。

豆やごま、わかめ、芋類、しいたけ、魚と野菜などを使った食事を摂ると
自然に栄養バランスが摂れますので、積極的に食べるとよいです。

高齢者の方は、食が細くなりがちですのでできるだけ肉も食べるようにし、
カロリーとタンパク質を摂ることが大切です。

膝の痛みによい成分が含まれる食品は、
グルコサミンが含まれるエビやカニ、鶏の手羽先や長芋です。
そして、コンドロイチンが含まれるなめこ、納豆、オクラ、フカヒレなどです。
他にも、コラーゲンが含まれるうなぎやフカヒレ、すっぽん、アンコウ、カレイなどもあります。
ヒアルロン酸が含まれる豚足や魚の目玉、カルシウムが含まれる牛乳、小魚、海藻類、緑黄色野菜も
膝の痛みによい食品です。

詳細は膝の痛み で書かれています。

トラックバック(0)

トラックバックURL:

このブログ記事について

このページは、yota02が2013年12月 2日 13:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「脱毛ラボ池袋メンズ店の単発脱毛プランは効果的です」です。

次のブログ記事は「中学受験に向けてのdvdの活用」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

2017年4月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30